笑顔

土地付き太陽光発電を有効利用~太陽でガンガン発電~

事前に知る

作業担当者

屋根の向きがどうなのかを知ることが大事

太陽光発電を設置する前に色々と知らなければいけないことがあります。 価格や利用方法もそうなのですが、その他にもとても大事なことがあります。 それは、どの方向で太陽光発電が設置できるのかです。 太陽光発電は、太陽の光を浴びないといけないのですが、直接浴びなくても発電は出来ます。 しかし直接浴びるのと間接的に浴びるのとでは、発電量が違い直接浴びるほうが当然より多く発電できるようになります。 そのため太陽の光を直接浴びられる時間が長い南側に向けて設置することが適しています。 その家によって屋根の向きが違っていますし当然形も違います。 北向きしか出来なかったりすると発電量低下してしまいますので、適している適していない家というのがあります。 なので設置をしてお得になる家なのかどうかを把握して設置の検討をしてください。

発電量を多くするためにも

太陽光発電は設置に向いている家そして向いていない家がどうしてもあります。 向いている家だとしても、工夫をしていかないと十分な発電ができない可能性がでてきてしまいます。 ではどのように工夫すればよいのかというと、それは影をできるだけ作らないようにすることです。 光があれば発電するけれども、どのように光を浴びているのかで発電量は違います。 影が出来てしまうと、当然発電することは出来たとしても量はかなり低下してしまいます。 なるべく低下させないことが重要になりますので、設置する際には影ができない状態なのかどうかを把握することも大事です。 そして影にならないようにするためにも、高い木があるようなら影ができない程度に撤去するなどの行為が必要ですので覚えておきましょう。

Copyright© 2016 土地付き太陽光発電を有効利用~太陽でガンガン発電~All Rights Reserved.